スポンサーサイト ::: 2012.05.25 Friday

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • -
  • -
  • -




旅の記録その2 エディンバラ ::: 2011.07.17 Sunday
エディンバラ城近くのゲストハウスを出ると広場でヨーロッパ各国のマーケット。


 

ここはイタリアのチョコレートの屋台。とってもおいしそう。おみやげに買いたかったけど、これからまだ旅は続くので我慢しました。(でも買っておけばよかったなあ。本当においしそうでした。)他にもドイツのソーセージの屋台やら、フランスやオランダのお菓子の屋台やら。カラフルで楽しそうでした。

スコットランドハイランド地方のガイドブックはこれしかなかった「地球の歩き方」。昔からよくお世話になっています。そこに掲載されていた日本食レストランを目指して歩き出しました。



スコットランドにいる間、ずっとお天気には恵まれました。お城の下の通りを歩いていると、こんな子にたどり着きました。




「忠犬ボビーの像」ボビーは亡くなった主人の墓を14年も守り続けた忠実なスコッチテリア。町の人が主人の墓を守るボビーをみて心をうたれ食べ物をあたえ主人の傍らに葬ったんだって。お目当ての日本料理店はこの像のすぐ近くにありました。父は日本食がやっぱりいいみたいで大満足だったのでよかったです。

お腹も満たされたので、やはりここだけは行かなければと「エディンバラ城」へ。



こんな感じで小高い丘の上にある要塞のようなお城なので坂が多いです。両親にはきつかったと思います。急に寒くなるかも思ったので厚着だったのですが、お天気が良くて暑かったし、時差ぼけもまだ直っていなかったので、歩き回らせてしまって申し訳なかったです。



両親は日本語ガイドのイヤホンをつけて見学していました。私はなんだか疲れていて、ぼけーっとしてました。(同じく妹も。)昔、訪れた事があるのですが、見事に何にも覚えてませんでした。



あ。でも、この画像の左側の黒い塔のようなもの。「サーウォルタースコット」を称える「スコッツモニュメント」だけはなぜかよく覚えていました。エディンバラはとても綺麗な町並みの素敵な所でした。

一度、ゲストハウスに戻り、休憩してから近くのパブに夕食を食べに。でも全員とっても疲れていたので、あまり食欲がなくて、フィッシュアンドチップスを一皿オーダーしてシェアしました。それとハーフパイントのビール。ビールの銘柄がよくわからなくて、妹と二人でじっくりとビールの名前を見ていたら、そばにいた4人組の男性たちが「これ味見してみたら?」ってちょっと飲ませてもらいました。とっても気のいい感じの人たちで、「日本の地震の事、とても悲しく思っている。周りの人はみんな大丈夫?」と言ってくれました。イギリス滞在中、なんどかそういう事を言ってくれる人がいました。ありがとう。

明日は朝早くにガイドさんが迎えに来てくれて、スコットランドのハイランドへ行くので、早めに寝ることにしました。




スポンサーサイト ::: 2012.05.25 Friday




creemaで作品を拝見し、コメントさせていただきました。
Gallery KOMPISの加藤と申します。
9月に、目黒区中根(都立大学駅徒歩3分)にギャラリーをオープンする事になりました。KOMPISは、モノづくりをする人の気持ちを大切に、
人と人、人と作品の出会いを大切にしたいと考え、
店舗内に様々なスペースが存在するギャラリーになっております。
ご興味がありましたら、是非HPをご覧下さいませ。
突然のメール、大変失礼いたしました。
よろしくお願いいたします。
管理者の承認待ちコメントです。
  • -
  • 2012/10/19 5:02 PM



comment








   
trackback URL
trackback

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< April 2020 >>
ブログランキング
selected entries
categories
archives
comment
trackback
links
profile
search
others
qrcode
無料ブログ作成サービス JUGEM