スポンサーサイト ::: 2012.05.25 Friday

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • -
  • -
  • -




卒業式 ::: 2011.04.12 Tuesday
 前の記事と前後しますが、息子の中学の卒業式の時に着ていった服もアップしておきます。



たまねぎ工房の「Origa ノーカラージャケット」とANNE-PATTERNの「Allie Vネックフレンチスリーブワンピース」をセットアップにしました。さらにセットぽくしたかったので、MOKUBAのラメがかったゴールドのリボンを裾に縫い付けてみました。



ジャケットの生地はSolpanoの「キャンディツイード(ブラック系)」です。ツイードなのでほつれやすいので、すぐに縫ってしまわないとほつれてしまうので注意が必要ですが、それ以外は特に大変なポイントはなかったです。ポケットは指示書通りに手で縫い付けました。リボンもミシンで縫い付けるとつってしまうので、全部手で縫い付けました。ちょうどこの作業をやっている時に東北大震災が起こってしまい、ずーっとテレビを見ながらちょっとづつ作業を続けたので結構時間がかかってしまいました。



ワンピースも同じくSolpanoの「ジーナサテン起毛(ブラック)」で。とても上質な布で普通のサテンよりも肉厚な感じでした。これならもっときちんとした所に着て行くようなドレスを作っても負けないなあと思います。

Aラインのナチュラルコンシャスなワンピースなので、わりとゆったりとしていてかわいい感じです。これ一枚だと年齢不相応(?)な感じになってしまいます。なのでノーカラージャケットを上から羽織ってちょうどいい感じになりました。去年の夏にリバティで一枚作りましたが、涼しくて愛用していました。

普段、カジュアルな格好が多く、スーツぽいものを持っていないので、子供の入学式、卒業式には毎回何を着て行くかとても悩みます。買うとなってもあまりセレモニーっぽかったり、ママっぽかったりするのは着たくないなあと思ったりして、なかなか決められません。今年はそれなら思い切って作ってしまおうと挑戦してみました。いつも作っているのは少々の不出来な所も目をつぶってしまえましたが、ジャケットなどは細心の注意を払って作りましたが、それでもやはり難しい部分があり、そのあたりはきちんと出来なかったのが残念でした。もっと洋裁も上達したいけど、独学だと限界があるなあと感じました。




入学式 ::: 2011.04.11 Monday
息子の高校の入学式に着て行くセットアップを作りました。



ジャケットはANNEE-PATTERNの「Catherine 七部袖細身テーラードジャケット」。ワンピースも同じくANNE-PATTERNの「Hemine フレンチスリーブ ストレートミニワンピース」。

ジャケットは「細身」なだけあってとてもコンパクトな造りです。38号か40号か迷いましたが38号にしてみました。ほんとぴっちりです。もちょっと痩せるか40号にすればよかったかも。でもまあ着て行きました。



実はジャケットとのセットアップとして、はじめはカシュクールタイプのワンピースを作っていたのですが、テーラードジャケットと合わない事がほぼ完成する時に判明しました。ANNE-PATTERNのサイトではこのワンピースとのセットアップが推奨されていたので、急遽こちらを作る事にしました。たまたま多めに生地を買っておいてよかったです。ほんの数センチ足りなくなったので、裾と襟ぐりは黒いサテンで継ぎ足しましたが、それが良いポイントになりました。綺麗なラインが出てとても気に入っています。ぴったりめですが、つかず離れずな感じで安心して着ていられます。

ジャケットはクルールの「ミックスツイードネイビー」。ワンピースはSolpanoの「ポリエステルリンプルプリント水玉ネイビー」です。





大人かわいいかごバッグ ::: 2011.04.01 Friday
 世界を震撼させた東日本大震災が発生してちょうど3週間になりました。今まで通りに見えるけど、確実に何かが変わってしまった日常を日々過ごしながら、色んな事を考える時間が増えました。色々考えたけど、やっぱり前を向いてやっていくしかないんじゃないかな。それしかないですよね。心はいつだって今でも過酷な状況におかれている方々や亡くなられた方々の事を想っていますが、普段通りに暮らしていきましょう。そうすることを恐れないでほしいです。色んな事を控えていると、気付いたら取り返しのつかない状態になっているかもしれない。そんな事になるくらいなら、私は人になんと思われても元気に過ごして行きたい。そう心の底から思っています。ちょっと後ろ向きになった事もあったけど、尊敬するある方が「やろうと思ったのならすぐにはじめましょう。時期が悪いなんて事はないんですよ。」とおっしゃいました。なので、いつも通り前向きにやっていきます。色々多忙に付き、そうはいいながら、計画は遅々として進みませんが、必ず実現させたい事があります。またそのお話は後ほど。。。


大阪西天満の「雑貨店カナリヤ」では今日から「かごバッグ展」が開催されています。私もお誘い頂き参加させてもらっています。「大人が持ってもかわいい」をテーマに上質なレースや刺繍を施した生地、しっかりしていてフォルムが綺麗なかご、大人っぽい色合いの革を使った持ち手を組み合わせました。どれも共布で作った大きなリボンがついていて取り外しも可能なんですよ。

それからバッグチャームは別売りにしていますので、お好きな組み合わせでお選び頂けたらと思います。アートフラワーや大ぶりなカボーション、ベルベットリボンやチャームを組み合わせたバッグチャームはシンプルでクセのないかわいさなので、お手持ちのバッグにも組み合わせる事ができます。




パープルのレースと黒のサテンの組み合わせ。持ち手はグレーです。夏場にダークな色の小物を持つのって大人っぽくて好きです。



とっても個性的な花柄のレース。ベージュが地色でブルーで刺繍されています。ちょっと見かけないと思います。茶色のデシンと組み合わせ、革の持ち手はなんとゴールド。でも上品な光沢ですのでご安心を。



ベージュと黒のリネンに花の刺繍がしてあるとても素敵な生地。シックで大人っぽくて、どんなファッションにも合いそうです。革の持ち手はゴールドです。







大切な事 ::: 2011.03.13 Sunday
2011年3月11日午後2時46分ごろ、三陸沖を震源に国内観測史上最大のM9.0の地震が発生しました。津波、火災などにより広範囲で甚大な被害が出ています。また原子力発電所も非常に気になる状況になってきています。

私は大阪在住です。こちらでも揺れはありましたが、被害はなく通常通りに暮らしています。地震直後にすぐにテレビをつけ、東京在住の妹が職場から家にどうやって帰るのかと心配したり(結局、職場に一晩泊まったそうです。)、東日本にいる友人や知人はどうしてるのだろうかと考えたりと不安な気持ちで一杯でした。

阪神大震災も大阪で体験しましたが、あの早朝の揺れで飛び起き、あれだけ揺れたのだから、とんでもない事が起こっている気がすると思いながらつけたテレビで見た神戸の光景。あの体験があったので、今回も途方もない事が起きているのではと心がざわめいていました。それでもまさかこれほどまでの事が起こってしまったということが信じられない思いです。

私たちに出来る事はなんだろうと考えると寄付という言葉が思い浮かびます。それは高校生である娘達も同じだったようです。昨日、部活から帰って来た娘が言うには、学校に来ていた子達で地震の話で持ちきりだったそうなのです。だれかが寄付しようと言い出しました。(彼女たちは発展途上国の子ども達のフォスターペアレントもやっています。)100円づつ集めようという話になったそうなのですが、誰かがそれだと100人から集めても10000円にしかならない。それでは足りないのでは。それなら一人1000円集めたらまとまった寄付が出来るんじゃないかな?という意見が出たそうです。高校生なのでお小遣いもそんなに多くないと思うのですが、みんなで1000円づつ集めることになったそうです。

これから途方もない復興が待ち受けています。現実を見なければならないのです。誰もが自分が出来る範囲で助け合わなければいけない時だと思います。どんな状況になってもパニックにもならずに律儀に行動する事が出来る日本人を世界の人々は驚き尊敬の目で見てくれています。私たちはいつも通りに暮らしていますが、心は被災された方々に向かっています。
そして糸井重里さんがツイッターでこんな提案をつぶやかれています。

糸井重里さんのツイートより

「人」と「もの」と「金」が必要になると思います。人とものは、必要な場所に運ぶことにコントロールが要ります。近所のバザーのようになってしまっては困ると思うのです。いまは「道」も足りないのです。金の用意をしましょう。金でさまざまなものをまとめて買えます。

反発されるかもしれませんが、言います。「金」は、その心が尊いというのもほんとうですが、アルバイトの時給が1000円の時代の「貧者の一灯」は、「小銭」ではないと思います。寄付の相場を、いま上げるべきじゃないでしょうか。かなり大事なことだと思うのです。

お金のことを言うのはむつかしいですが、続けます。お祝いだとか、お悔やみだとかにも相場がありますよね。今回、たとえば、「じぶんひとりを3日雇えるくらいのお金」と考えたら、どうでしょうか。はっきりとした「実力」になると思うんです。

 さまざまな角度から、反論も攻撃もくると思いながら言ってます。気に障ったら、ほんとうにごめんなさい。いわゆる小額の寄付について、企業や組織でやった ことのある人はわかると思うのですが、経費のほうがかかるくらいになることが多いのです。キャンペーンより、実効がほしいので。

じぶんなりに、いろいろ考えてみての提案でした。せいいいっぱいやれることを考えて、この言いにくいことを言いました。明日、会社でもこのことについて話しあってみます。分かってくださった方、ほんとうにありがとうございました。泣きそうです。

日本赤十字社のことを念頭にいれて、語っていました。じぶんたちが、集めるようなことはしません。





MPL タックカラーチュニックブラウス ::: 2011.03.07 Monday
 

MPLのタックカラーチュニックブラウスをクルールの「アンティークシンプルタータン起毛チェック」で作りました。チュニックブラウスという名前ですが、身長159センチの私にはちょっとミニ丈のワンピースな丈です。ブーツと合わせたら画像のような感じでタイツがちょっと見えていい感じです。ちょうど今着ているのですが、今日は買い物と犬の散歩くらいしか外に出る用事もないので、インにウールのタートルを着て、ブラウンのコーデュロイのスリムパンツを履いています。とても暖かいです。



パターンはすとんとほぼストレートなシルエットなので、丈は自由に変えて大丈夫です。またブログにもアップしますが、リバティで製作中の第二弾は、丈をシャツ丈に変えました。袖も見返しをつけてちょっと長めにアレンジ。こうしたアレンジも簡単に出来るシンプルなパターンですね。でも、立体裁断とは言いがたいなあと思ったりもします。そうは言ってもやはりMPLらしいこだわりも感じるパターンです。襟は初心者の方も比較的簡単につけられるようになっています。でも、とてもおもしろい付け方をするんです。なので襟が立った感じになってかわいいなあと思います。

ジェフは私が玄関で靴を履いて写真を撮ったりごそごそしていると散歩かと思っていそいそとやってきました。なのでおすわりさせて一緒に撮影しました。雨が降っていたのでお散歩は夕方かなあと思っていたのですが、止んでるみたいなので、今から行ってきます。




森の手作り市へ ::: 2011.03.07 Monday



京都の下鴨神社の糺の森で行われた森の手づくり市」に行ってきました。あいにくの曇り空で夕方は雨になってしまいましたが、たくさんのお店やお客様で大にぎわいでした。お友達のY*UMIさんsilver*silverのチカさんと一緒に出店されているのです。京都在住のmaccoちゃんも来られると聞いたので、一緒にお昼食べましょうとお誘いしていそいそと二週連続で京都まで。(家族にはまた京都!って呆れられたけど、別に毎週通っていもいいですけど、私。)

以前はよく手作り市や雑貨屋さん巡り等していましたが、最近はすっかりご無沙汰だったのですが、久しぶりの「手作り市」ではたくさん刺激を受けました。



cacoさんの古いガラスで作られたお家のオブジェをやっと手に入れる事が出来ました。昨年から気になっていたのですが、なかなか実際に目にする機会がなかったのです。cacoさんは「みなとも。」で初めて作品を見て以来、大好きな作家さんで、アクセサリーはいくつか持っているのですが、このお家のオブジェを見た時に、ぜひセラミカラボラトリーの白いお家の隣に置きたいと熱望していたのです。今回念願が叶い大満足です。

素敵なお花のアクセサリーやらペンダントやら思っていた以上に素敵なものがたくさんあったので散財してしまったけど楽しかったからいいんです。

お昼はmaccoちゃんとmaccoちゃんのだんな様と一緒にbonbon cafeに。ここのお昼ご飯おいしいんですよね。以前に何度か行った事があったので懐かしかったです。

たくさん楽しい事のあったいい一日でした。




英国王のスピーチ ::: 2011.03.02 Wednesday
 今年のアカデミー賞で主要部門を総なめした「英国王のスピーチ」を観ました。アカデミー賞後最初の水曜日のレディースデイだったので満席でした。あらかじめネットでチケットを買っておいてよかったです。そうなると予想していたので。。。

さて、映画ですが、とってもいい映画でしたよ。この映画は史実に基づいています。大好きなコリンファース演じるジョージ6世は兄であるエドワード8世が「王冠を掛けた恋」で有名な離婚歴のあるアメリカ人女性シンプソン夫人との結婚を選んだために、王になるつもりはなかったのに急遽王の座につくことに。彼は幼い頃、父である王から無理矢理左利きやx脚を矯正させられたり、乳母からの虐待や兄のいじめなどが原因で吃音症に悩まされています。しかし当時のイギリスはヒトラー率いるナチスドイツとの戦争に向かっていて、王である彼は国民を鼓舞するためにも演説をしなければいけませんでした。そんな彼を愛するヘレンボナムカーター演じるエリザベス妃が見つけて来た経歴不詳なオーストラリア人の言語聴覚士のジェフリーラッシュ演じるライオネルローグの助けを借りて吃音症を克服していきます。

第二次世界大戦中、ロンドンはドイツの空襲で甚大な被害を受けます。周りの人は国王一家にカナダに移る事を提案しますが、それを拒否し、ロンドンに留まった事もあり、今でも「よき王」と呼ばれているそうです。映画の最後のテロップに出ていましたが、「そんなエドワード8世は抵抗運動のシンボルとなった」そうです。

それで思い出したのが、「アンネの日記」です。たしかアンネフランクが日記に「イギリスの国王一家も空襲に耐えていらっしゃるから私たちもなんとかがんばらなくては。」というような記述があったと思うんです。(ちょっと本をめくって探してみたけど、すぐには見つからなかったのですが。)そんな尊敬される国王の事をこういう映画に出来るって自由で素敵だなあと思います。ユーモアたっぷりで楽しい作品になっています。途中、罵り言葉が出てくるので、アメリカでは子供は観れない指定になったそうですが、日本では大丈夫だと思います。なのでお子さんと観に行かれるのもいいかなあと思います。(ちょっと子供たちには退屈かもしれませんが。)子供たちに観てほしいなと思った映画でした。






「まめ市」を訪ねて京都へ ::: 2011.02.28 Monday
 以前にご紹介していた「まめ市」にY*RT2のY*UMIさんとお邪魔してきました。



会場のカフェの前にはもうすでにたくさんの方が来られていて、道路にも人が一杯。入り口にはかわいいチューリップがたくさん。テルヨさんが来場してくれた人たちにと差し入れて下さったそうです。治療で大変なのに心配りを忘れない素敵な方ですね。会場も人だらけで、見るのも一苦労でしたが、たくさんのお仲間の方がいろんなものを出品されていました。私は素敵なキャンドルとラスクを購入いたしました。そしてお手紙を書いて会場を後にしました。テルヨさんが一日も早く回復されて「豆ずきん」が復活する日を楽しみに待っていますね。



かもがわカフェで頂いたお昼ご飯。



三条通の近くの町屋カフェのレアチーズケーキとコーヒー。

Y*UMIさんとは同じ布雑貨を作る者同士、そして年齢も同じで、同い年の息子もいるので、お互い聞いてもらいたい事や聞きたい事がたくさんあって、いろんなことをたくさん話しました。安心して話の出来る友達ってありがたいし大事だなあと思います。



我が家のおひな様は私が生まれた時に祖父が買ってくれた七段飾りを結婚した時に持って来ているのですが、なんせ組み立ても大変で時々しか飾っていません。娘もいるのにって私の母から文句言われてます。そして昨年だったか、実家に行った時に、こんなの頂いたって見せてもらったのがこのおひな様。木彫りでとても優しい色づけがされていて顔も穏やかで、、、「欲しい!」とわがままを言い、渋る母から奪ってきました。なのに今年はその存在を忘れていたのですが、母から言われて思い出してあげられました。リビングに飾っていますが、本当にかわいいお顔してはります。




MPL フロントバックドレス ::: 2011.02.26 Saturday
JUGEMテーマ:ソーイング♪
 
この冬作ったワンピース。MPLの「フロントバックドレス」で2着。



生地は何年も前のRick Rackのグレーにピンストライプのベルベット。パンツにしようと思っていたはずですが、なぜか作らずにしまってあったのを発掘しました。とても着心地がよく暖かいのでインにタートルニットを着て、この冬はよく着ました。



このワンピースは名前の通りフロントでもバックでもどちらでも着用できるんですよ。私はいつも丸い襟ぐりをフロントにしていましたが、反対にして着てみるのもいいかも。



もう一枚はクルールの「ビンテージデシンブラウン」。とろんとしたとろみのある大人っぽい布です。布自体がとても上質なのでシンプルなこのワンピースにしました。



裾には繊細なMOKUBAの同系色のレースをつけました。



胸元にも同じくMOKUBAのストレッチテープを。ペールグリーンと薄いパープルが混じった繊細な色あいです。レネレイドのペパーミントグリーンのハートのネックレスにQPOTのクロワッサンやバターロールがかわいいコッパー色の指輪を通してつけたらぴったりでかわいいです。




MPL ショールジャケット ::: 2011.02.25 Friday


最近、春のような陽気ですね。なのに冬のアウターを続けて縫っています。アトリエマリーマリーで購入したイタリア製のグレー地に水色とベージュのストライプの上質なウール。作ってみたかったのはきちんとしたコートだったのですが、用尺が足りなかったので、手持のパターンにこれというのも見当たらず、ネットでぐるぐる探していて、MPLの「ショールカラージャケット」に落ち着きました。この形ならワンピースの時にさらっとはおったらかわいいんじゃないかなあと思って。



出来上がったら、地味〜。(笑)おばあちゃんっぽいですね〜。ボタンはCO-さんでずいぶん前に買っていたアンティークのガラスボタン。もっとデコラティブでキラッとしたメタルボタンにした方がよかったかなあと付け替えるかどうか考え中です。



このボタン単体はとっても素敵なんです。もちょっとかわいい感じのデザインや色のものと組み合わせた方がこの上品な感じが映えると思うんです。



裏地は、またもや何年も前に買ったリバティを使いました。この柄も素敵なんですけど、私にはあまり似合う色じゃないんですよね。何も考えずに買ってしまいお蔵入りしていました。



中に着用しているのはCheck & Stripeの「パターン106」のAラインのすとんとしたシンプルなワンピースです。昨年の秋に梅田阪急でC&Sさんがイベントされていて、限定リバティ狙いで行ったのですが、サンプルで置いてあったチャコールグレーのリネンの「パターン106」がとっても素敵でパターンを購入。秋だったのでリネンではなくフレンチコーデュロイのパープルで作成しました。袖と襟元の見返しには見えませんがリバティを使っています。時々袖を折り返したりするのも楽しいですね。



おまけ画像です。娘が3歳の時のバレエの初舞台で着た衣装です。かえるさんなんですよ。まだ赤ちゃんみたいな頃で、バレエというよりお遊戯のようでしたが、衣装を着せてメークもしてもらってかわいかったなあと懐かしいです。他にも作ってもらった衣装を数点置いてあるのですが、もう辞めているのですが、バレエ団から衣装を貸してほしいとお願いされたので、娘とクローゼットから色々出してきて、思い出して大笑いでした。ジェフも楽しそうな娘の部屋にやってきたので、ちょっと着用してもらいました。3歳の娘の衣装がジェフにジャストでなぜか静かにおすわりしているので、息子もやって来て大笑いしました。





S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< April 2020 >>
ブログランキング
selected entries
categories
archives
comment
trackback
links
profile
search
others
qrcode
無料ブログ作成サービス JUGEM